トップページ > くまもとあぐりんって?

くまもとあぐりんって?

『くまもとあぐりん』編集長 坂田圭介

 15年前、熊本県産の農産物の魅力をより多くの方に知っていただき、生産者と生活者をつなぐことを目的にスタートした「くまもとあぐりん」。熊本日日新聞の紙面における特集記事と専用webサイトをリンクさせることで、生産者の日常や栽培の様子をリアルタイムでお伝えしてきました。その間、取材で訪ねた生産者は168人。多くの方の熱い思いに触れ、熊本の農業の底力を肌で感じてきました。

 さて、今年度から「くまもとあぐりん」は、生産者の“人となり”にスポットを当てるスタイルから、“エリアと地域性”を切り口に熊本の“農”をご紹介する形にシフトします。農業は気候や風土と密接な関係を持つもの。栽培される作物や栽培方法、食べ方なども地域ごとに違いがあります。それを見つけにいこうというわけです。

 地域の農・畜産物が集まる直売所を中心に、そこで作られている加工品や作物、そしてその生産者を紹介していきますので、ぜひお出かけ情報としてご活用ください。休みの日には田園ドライブを楽しみ、直売所で新鮮な野菜やくだものをゲット。手作りのお弁当を買って、近くのお気に入りスポットでお昼を楽しむというのがご提案のスタイルです。きっと「おいしい」と「楽しい」を体感しながら、熊本の農業の“底力”も実感してもらえるはずです。

2017年4月

トップページに戻る

ページトップへ