トップページ > あぐりんVOICE 一覧 > 【JA阿蘇】復興の希望を託して 笑顔でトマト畑に立つ

あぐりんVOICE

  • あぐりんVOICE
  • 旬の掲示板
  • 生産者おすすめレシピ
  • プレゼント

復興の希望を託して 笑顔でトマト畑に立つ

トマト農家 石田 俊行さん(37歳・阿蘇市)

 冷涼な気候を生かした夏秋(かしゅう)トマトの生産が盛んに行われる阿蘇地域。カルデラの中に畑を持つトマト農家の石田俊行さんは、おいしいトマトをつくり消費者に届けることが平成28年熊本地震で受けた支援への恩返しになると考えています。

 

「父の代で終わらせない」 迷いに迷って農家を継ぐ

 

 トンボが舞う静かな田園地帯。稲穂を揺らす風に秋の気配を感じます。暑さがずいぶん和らいだビニールハウスの中で、トマトの芽かき作業をする石田さんを、9月上旬に訪ねました。

 石田さんが就農したのは2年前。父親の健一さん(67)の体調不良がきっかけでした。「農家の3代目として生まれ、いつかは実家を継ぐつもりで阿蘇農業高校を卒業しましたが、就農は先延ばしにしてきました」と振り返ります。「農業は体力勝負だし、年ごとの天候によって収益が大きく左右されます。両親が苦労する姿を見て育ったため、農家を継ぎたい気持ちはあったものの迷いがありました」。農業試験場の研修生も経験しましたが、その後は観光施設の職員や会社員に。さまざまな経験をした上で出した結論は「父の代で農家を終わらせてはならない」。35歳の決断でした。

 

夏秋は休みなく作業 冬春は趣味の釣りを満喫

 

 現在、石田さんは健一さん、母親の朝子さん(65)と3人で、3・5ヘクタールの田んぼでコメを、30アールのビニールハウスでトマトを栽培しています。品種は『りんか409』。果肉がしっかりしていて、コクのある甘味と程よい酸味が特長の大玉トマトです。

 石田さんのビニールハウスでは毎年4月に6000苗を植え付けます。水やりや施肥、芽かきなどの世話を約50日続け、6月ごろから収穫を始めます。出荷最盛期の7~8月には、1日に600~700キロを収穫することも。冬に近付くほど寒暖差が大きくなるので、実は甘く、うま味が濃くなります。出荷は11月下旬まで。次々と熟すトマトに追われるように、収穫と出荷作業で大忙しとなり、丸1日休みを取ることができないほどです。

 石田さんの楽しみは趣味のイカ釣りで、収穫のシーズンを終えた冬から春にかけて牛深まで足を延ばします。狙いはミズイカで、身の厚さと、甘味の強さが特長です。釣ったイカは自分で刺し身にしたり、天ぷらやトマト煮込みにしたり。「特にトマトとは味の相性が良く、おいしいですよ」

 

たくさんの支援に感謝 おいしいトマトを育てる

 

 平成28年熊本地震の被害は、石田さんの農地にも及びました。田んぼは地割れし、地下水が噴出してハウス内は水浸しに…。「農業はどんなに頑張っても、自然災害によって一瞬で全てが無駄になることがあります」。〝農業は報われない仕事〟だと思っていた石田さん。しかし、地震後に復興への希望を託して植えたトマトの苗がすくすく育つ様子を見て、「トマトは愛情をかければ応えてくれる」と感じたといいます。

 今、石田さんは「自然には勝てなくても、トマトのために、前向きな気持ちで笑顔で畑に立ちたい」と考えています。「トマトの花の花言葉は〝感謝〟。震災で、阿蘇地域は県内外からたくさんの支援を受けました。感謝を込めておいしいトマトを育てることで、皆さんに恩返ししたいと強く思っています」

 

 

 


JA阿蘇の中部トマト部会には152人の生産者が所属。「阿蘇産トマトのブランド化を目指し、講習会や勉強会を開いたり、県外の販促会に参加したりと、トマトの品質と売り上げの向上のために部会員全員で力を合わせています」


石田さんは「釣ったイカは甥と姪も大好き。せがまれるままお裾分けしすぎて、自宅用がなくなることもしばしば…」と苦笑い。今年3月に結婚した妻の佳乃さん(33)と、イカ釣りに行った時の話もうれしそうに語ってくれました


イカ釣りに使う疑似餌のコレクションは200本以上。「一生かけても使いきれないほど集めてしまったので、もっとイカ釣りに行かなければ(笑)」


「出荷するトマトの品質を守ることが大切」と石田さん。パッキンの製造会社に勤めていた時に学んだ〝品質管理の意識徹底〟を、トマトの栽培にも生かしています

 

 

 

 

 

 

 

JA阿蘇

阿蘇産の米や旬の野菜が勢ぞろい!
四季彩いちのみや

 

 窓から田畑を見渡せる開放的な店内には、JA阿蘇管内25人ほどの生産者から届く農産物や、肉の加工品などが並びます。9月中旬には新米も加わり、11月に収穫祭を予定。毎年多くの人でにぎわうイベントです。人気の加工品「阿蘇ものがたり」のケチャップ、「ひばり工房」のソーセージは、ギフトセットも用意されています。

【住】阿蘇市一の宮町宮地538‐1
【電】0967(35)4155
【営】9:00~18:00
【休】12月31日~1月4日(年に1度不定休あり)


 


 

【トマトの簡単ピザ】

▽材料
トマト…………………………2個
ピーマン………………………2個
タマネギ………………………1/2個
ギョーザの皮…………………5枚
ケチャップ……………………適量
チーズ(溶けるタイプ)……適量
塩、こしょう…………………各適量

▽作り方
1.トマトはヘタを取り、輪切りにする。ピーマンはヘタと種を取り除き、輪切りにする。タマネギはスライスする。
2.ギョーザの皮にケチャップを塗り広げ、トマトとピーマン、タマネギをのせる。
3.2にチーズをのせて、塩とこしょうをふり、オーブントースターで5分ほど焼く。

※使用するトマトはミニトマトでもOKです

 

 

 

 

 

あぐりんVOICE 一覧へ戻る

ページトップへ