トップページ > あぐりんVOICE 一覧 > 【JAあしきた】仕事も趣味も全力投球! 職人かたぎのデコポン農家

あぐりんVOICE

  • あぐりんVOICE
  • 旬の掲示板
  • おすすめ商品
  • プレゼント

仕事も趣味も全力投球! 職人かたぎのデコポン農家

デコポン農家 今村 安則さん(53歳・葦北郡芦北町)

 八代海に面する葦北郡芦北町では、温暖な気候を生かしたかんきつ類の栽培が盛んです。中でもデコポンの生産量は県内トップクラス。就農31年目のベテラン農家である今村安則さんを訪ねました。

甘~い果実を育てる 就農31年目のベテラン

 小高い丘に爽やかな風が吹く10月下旬、今村さんの園地を訪ねました。見上げるほどの急斜面を軽快な足取りで登っていく今村さん。日焼けした小麦色の肌と、引き締まった体形が印象的です。

 今村さんは高校卒業後、家業を継いで就農し、今年で31年目。就農当時は、人気があった甘夏を育てていましたが、人気が下火になったため1991年にデコポンに転作。現在は、無加温のビニールハウス19アールと露地190アールで、年間約30トンのデコポンを出荷しています。

デコポンの品種の主流は 「不知火」から「肥の豊」へ

 濃厚な甘みと程よい酸味、豊かな香りが特長のデコポンには、「不知火」「肥の豊」という品種があります。出荷時に光センサーでチェックし、時季によって設定される糖度と酸味の基準をクリアしたものだけをデコポンの名で出荷。樹勢が良く、高品質の実が収穫できることから、近年は県が開発・推奨する早生品種「肥の豊」の栽培量が増えています。今村さんも6年前から移行を始め、現在は全体の6割が肥の豊です。

 前年の収穫を終え、樹勢が回復する5月頃、堆肥を入れて土づくりをします。その後は、日当たりと通気を良くするために枝切りを行います。実がなったら、キズがある実や小さ過ぎる実を切り落とし、残した実に養分を集中させて大きく育てていきます。

 JAあしきた果樹部会の生産者は現在526人。そのうちデコポンの生産者は431人で、年間3300トンを出荷しています。今村さんは1月下旬から収穫を始め、ハウス栽培したものはすぐに、露地栽培したものは2カ月ほど貯蔵した後に出荷しています。貯蔵すると酸味が抜け、甘みが強くなるそうです。

「経験を積めば上達」 趣味も全力で楽しむ

 スキューバダイビング、ウインドサーフィン、ジギング(釣り)…。今村さんはアクティブで多彩な趣味の持ち主。49歳から始めたゴルフの腕を上達させるため、今は筋力トレーニングに夢中です。「全力で楽しみたい」と、週に4~5日は車で15分ほどかけて隣町のジムでトレーニングし、作業を休む日曜には友人たちと八代市や人吉市まで出かけてラウンドを楽しんでいます。「ゴルフは思い通りにいかないところが面白い」と笑う今村さん。「でも、経験を積めば上達するはず。だからやりがいがある!」

 デコポンの栽培にも同じ面白さを感じているようです。降雨量や気温は毎年異なる上、デコポンは着果量が多い“表年”と、少ない“裏年”を繰り返します。「データ化された栽培ノウハウも参考にしますが、やはり決め手は長年の勘」と今村さん。毎年楽しみにしてくれている消費者のために収穫量を安定させたいと、土壌改良やせん定方法などを工夫するほか、園地を荒らすイノシシを駆除するために狩猟免許も取得しました。「プロの農家なら、作物を育てるために全力投球するのは当然」。今村さんの言葉に、職人の気概を感じました。

 


急斜面を登ったり、高い位置の実を落としたり、コンテナを持ち上げたりと、かんきつ農家の仕事は体力勝負。ゴルフのために始めた体幹を鍛える筋力トレーニングは、農作業にも生かされているそうです


「じっとしているのが苦手」という今村さんは、1日中エネルギッシュ。ジムでも休むことなくさまざまなトレーニングに取り組みます


農機具の倉庫にある自作のゴルフ練習場で、毎朝スイングをチェック。友人とラウンドに出かける日は「ワクワクし過ぎて、普段より1時間早く目覚めてしまう」と笑います


昨年は大型台風、今年は大雪や日照りに悩まされたといいます。「自然災害で農作物が被害を受けるたびに、くじけそうになります。しかし、農家仲間が頑張っている姿を見ると、私も『1人じゃないんだ。頑張ろう!』と思えます。1歩踏み出せば、必ず前に進めると思っています」

 

あしきたの肉、魚、野菜が勢ぞろい!

ファーマーズマーケットでこぽん

 芦北インターチェンジからすぐの場所に位置し、県外からの来場者も多数。デコポンやサラダたまねぎ「サラたまちゃん」、ブランド肉「あしきた牛」、不知火海名産の太刀魚など、野菜や果物だけでなく肉や魚も種類豊富に並びます。特に、「あしきた牛」はお歳暮など贈答用に人気。地方発送も受け付けています。

【住】葦北郡芦北町佐敷443

【電】0966(61)3020

【営】9:00~19:00

【休】1月1日


 


JAあしきたおすすめのデコポン商品

 JAあしきたの直売所「ファーマーズマーケットでこぽん」には、管内で収穫されたデコポンで作る加工品がバラエティー豊かにそろいます。自宅用はもとより、お土産や贈答用としても好評です。

【熊本名産デコポンキャラメル】写真左奥
 水あめにグラニュー糖やデコポンの果汁を加えて練ったキャラメルは、香り高く、後味さっぱり。1個ずつ包装されているので、会社や学校へのお土産にもぴったりです。

【デコポンキャンディ】写真右奥、右手前
 デコポンの味と香りを凝縮! 甘酸っぱく、爽やかな香りが最後まで楽しめます。愛らしいパッケージも好評です。

【熊本デコポンプリンDX】写真左手前
 「モンド・セレクション2008」で金賞を受賞した自信作。とろんとなめらかな食感です。「くまもとのデコポンゼリー」とセットになった贈答用の箱入りもあります。

【くまもとのデコポンゼリー】写真手前中央
 ゴロッと入った大ぶりなデコポンの果肉が特徴。ジュワッとあふれる果汁とフレッシュな香りを楽しむことができます。直売所で一番人気の商品です。


 

あぐりんVOICE 一覧へ戻る

ページトップへ