トップページ > 読者のお便り

読者のお便り

「ブドウ」を育てているJA熊本うきの特派員・本郷さんに寄せられたお便り

■“夏の宝石”って素敵ですね。11カ月間は、木のお世話されての収穫の喜びは大変なものだと思います。本郷さんのように、大切に育てられたブドウの味は、頂く私達にしっかりと伝わるような気ががします。ご家族の幸せそうな笑顔がとてもキラキラしてていいですね~。(熊本市中央区 美容師 51歳)

 

■くまもとあぐりんのページは、毎回楽しく読ませていただいております。毎回熊本県の生産者の方々が自分の仕事に誇りを持って生産物を宝物のように思い、大切に扱っていらっしゃる姿をみせてもらいながら、本当に産物も子どもと同じだなぁと感じています。いつくしみながら、愛情を持って厳しく大らかにそして優しく育てていらっしゃる姿に感動し、子育てもこうだったらきっと立派な人間が育つにちがいないと確信しています。今回のブドウ作りの本郷さんも真剣さと暖かさに満ちていらっしゃって「育ったブドウは天下一品疑いなし」ですよね。(八代市 主婦 76歳)

 

■真剣なまなざし、一生懸命にぶどうを育てられている姿が心に響きます。又幸せあふれる子どもさんとの写真、なんだか私もるんるんとなります。(山鹿市 無職 90歳)

 

■新聞のこのページを見て、7月~8月出荷の為への本当に知らないお世話をされているのだな・・・とわかりました。普段はなかなか一口に入らないブドウ達です・・・美味しそう。(熊本市中央区 主婦 65歳)

 

■生産者の方々の大変さがわかります。朝早くから夜遅くまで一生懸命頑張っておられる姿が、目にうかびます。大智くんの笑顔が家族のいやしでしょう。(菊池郡 主婦 69歳)

 

■こだわりのブドウを作り続けてこられている本郷さん、とんでもない人に見えてきました。イキイキとした顔がとっても素敵です。頑張って作り続けて下さい。(玉名郡 主婦 64歳)

 

■大切に育てられた、宝石のような巨峰をぜひぜひ食べてみたいです!1歳2ヶ月の息子にも食べさせてあげたい!(熊本市中央区 主婦 31歳)

 

■中体連でソフトテニスの全国大会に行けたら皆と一緒に巨峰を食べたいものです。(宇土市 中学生 15歳)

 

■1ヶ月の収穫のため、11カ月かけて木の世話・・・(びっくり)すごく手がかかるんですね。今後は1粒1粒味わって食べようと思いました。大智くんを抱きしめているお父さん。可愛くて仕方ない姿が伝わってきます。ブドウもきっと甘いでしょうね。(天草市 主婦 57歳)

 

■ぼくは巨峰が大好きです。なぜかと言うと食べると口にジュワーってひろがるからです。おいしい巨峰をつくってください。よろしくおねがいします。おかあさんはシャインマスカットも好きです。(合志市 小学生 10歳)

 

■シャインマスカットは気になっていたのですが、今回特徴が詳しく説明してあり、ぜひ食べたくなりました!大智くんもきっと大喜びで食べてくれるのでしょうネ!(熊本市中央区 事務職 44歳)

 

■我が家も息子が農業に頑張っています。今から若い人達が農業も楽しいんだと思える時代が来ることを願っています。(宇土市 農業 63歳)

 

■葡萄を摘果されている時の真剣な眼差し、オフの時のうれしそうな笑顔、奥さんと我子との幸せそうな姿が想像出来ます。きっと美味しい葡萄でしょう。本郷さんみたいな農家がどんどん増える事を願っております。感謝。(八代市 農業 59歳)

 

■ブドウ部会の支部長、そして高齢者への作業の手助けと、コメ、ミニトマト、メロン等も育てて大変な頑張りですね。大智ちゃん他家族の皆様とのだんらんを楽しんで下さい。(熊本市北区 無職 69歳)

 

■毎回「くまもとあぐりん」を愛読してます。そして、生産者様の並ならぬご苦労を知りいつも感動してます。この度はブドウ農家さんの本郷さん木のお世話をしたり、他いろいろと愛情いっぱいかけてブドウを育てられているお姿、自信に満ちておられますね。又奥様お子様の笑顔のとてもかわいく素晴らしい事。今後もどうぞお身体に気をつけておいしいブドウ、いっぱい作って下さい。(阿蘇郡 主婦 68歳)

 

■“夏の宝石”ブドウを栽培のブドウの写真、あまりにも見事で目が引きつけられました。埼玉に住んでいる4歳の孫は果物大好きで中でもブドウが二番目なのだそうです。今度はブドウを選びにサンサンうきっ子に出かけようと思いました。この宝石に出会いたいです。(熊本市北区 主婦 69歳)

 

■あぐりん楽しく拝見しております。これを読んでいると農家の方々の苦労がわかります。私も農家に育ち庭先にはブドウがなってたのを思い出しました。でもそれはとてもすっぱくて・・・あまり粒はそろってなかったと今思います。
今はブドウでも11カ月間木の世話ですか?おどろきです。孫と新聞を読みながら大事に食べんといかんねと話してます。(八代市 主婦 60歳)

 

■息子達がぶどう大好きで「今年はぶどうがりに行こうね!」と話しています。スーパーに行くと実がたくさんなのは・・・と品定めをしています。
一房35粒にそろえる等の工夫を知り、びっくりしました。手間と愛情をこめて作られているのですね!お疲れさまです。(熊本市北区 主婦 46歳)

「スイカ」を育てているJA鹿本の特派員・三嶋さんに寄せられたお便り

■植木スイカは、おいしいイメージがありますが、生産者の方々の様々な努力、工夫の上に成り立っていることを感じました。

(熊本市北区 会社員 42歳)

 

■三嶋様の多才ぶりにはびっくりしました。常に努力され、地域貢献や食育活動をされ、本当に尊敬の念で一杯です。今後も日本一のスイカを作り続けて下さい。

(熊本市中央区 無職 69歳)

 

■おいしいスイカの見分け方。ツル、お尻などを見るというのも初めて知りました。熱心にいろいろ研究されているようで、これからもおいしいスイカやトマト作りに頑張って下さい。

(熊本市東区 主婦 57歳)

 

■スイカ作りって重労働で大変なんですよね。だけど、熊本の誇りでもあります!!どうか若い方々にがんばって頂きたいです。応援しています。

(八代郡 会社員 58歳)

 

■「あぐりん」面白いですね!知らなかったことばっかりでした。スイカの栽培では、品質を高く保つために最新の検査機械を導入して、内部の空洞を調べていたり、伝統農業なのに、土づくりもずっと改善を続けていたり、「農業は赤字で大変・・・」と思っていたのに、「もうかる」ように、作物のバリエーションや出荷時期を研究したり、積み重ねの努力がすごいですね。(レゲェのプロのDJもできる「余裕」にもびっくり・・・)

(熊本市 大学生 20歳)

 

■農家の人が子育てと同じように愛情をもって農作物を育てている様子を毎回感じています。

(菊池市 無職 64歳)

 

■最近はいろいろな種類がありますね!若い方も努力しておいしい作物を作られている記事を見て、たのもしく思いました。

(熊本市 主婦 68歳)

 

■三嶋祐一さんのスイカ栽培、他の農産物の栽培への挑戦素晴らしいと思いました。特に、「農業は“儲かる”仕事なんです」言い切ったところがすごく気にいりました。増々頑張って欲しいと思い、応援したくなりました。

(宇城市 主婦 68歳)

 

■農業は儲かる仕事といいながらも、どの時季にどの作物が売れるか調べ、市場の相場とその年のどの作物が売れるか調べ、市場の相場とその年の天候などを見極めながら作付け計画を練るなど熱心に研究した成果と思います。

(熊本市東区 主婦 62歳)

 

■やさしそうな三嶋さんの作るスイカは愛情たっぷりできっとおいしいと思います。ぜひ食べてみたいですね!!

(熊本市西区 団体職員 60歳)

 

■スイカ大好きです、スイカの漬物を次の日に食べるのも大好きです。農家の方はスゴイですね。仕事と休日をキレイに区別して楽しんでいらっしゃるんですよね。毎日大変でしょうがこれからも美味しいスイカを作って下さい。

(宇城市 主婦 62歳)

 

■あぐりんを読むと若い方々の頑張りと努力を感じ、とても頼もしく思います。スイカ大好きです!!

(熊本市中央区 パート 60歳)

 

■農業は“儲かる”仕事なんですよという言葉が意外でした。そのためには熱心な研究や努力が必要だと思いました。農業の魅力は、積み重ねてきた努力の成果が品質に現れ、報酬になる音楽を通じて地域貢献もされていて、すばらしいと思いました。

(菊池市 パート 55歳)

 

■農業は大変!!という感じではなく儲かる!と言い切る姿勢にとても好感をおぼえました。志高くおいしく質の高いスイカを作って下さい。

(熊本市東区 会社員 44歳)

 

■いつも楽しく読んでいます。スイカの皮とツナのマヨサラダすぐに作りました。おいしかったです。

(八代市 主婦 66歳)

 

■「あぐりん」いつも楽しく読んでいます。農業に情熱をもって取り組んでらっしゃるようすがいつも伝わってきます。おかげさまで私達は安心しておいしい農産物をいただくことができるのですね。

(葦北郡 パート 48歳)

 

■スイカを購入する時、生産者の方の顔までは知ることができますが、農業に対する想いとか、関心がありませんでした。三嶋さんは自分のスタイルをお持ちですばらしいと思います。

(熊本市西区 主婦 60歳)

 

■スイカ農家の三嶋さんは、自分の趣味をエンジョイしながら一生懸命スイカ作りをがんばられ、人生を楽しく過ごされていることに拍手を贈りたいと思いました。これからも、おいしいスイカを作って下さいね。

(熊本市西区 主婦 57歳)

 

■本業の農業だけでも大変でしょうに、いろいろな方面で御活躍されているとのこと。このような方達に熊本の食は支えられているんですね。

(熊本市東区 パート 53歳)

 

■毎年、植木のスイカをおいしくいただきます。県外にも送り大好評です。今回、今風な方が作られていると知り、ますます応援したくなりました。いつも夢大地で買います。頑張って下さい。

(山鹿市 パート 64歳)

 

■毎回「くまもとあぐりん」を楽しみにしています。今回のスイカ生産者の方の三嶋さん。本当に研究熱心で日々積み重ねの努力が目に映る様です。三嶋さんがスイカを抱いているお姿を見て、まるで愛しいご自分の子の様な愛情を感じました。

(阿蘇郡 無職 68歳)

「メロン」を育てているJA熊本市の特派員・小原さんに寄せられたお便り

■若い日に、メロン栽培に興味をもたれ、就農されて、メロン栽培に寄せる熱意に心うたれました。

(天草市 主婦 65歳)

 

■若い就農家さん達が色々研究をしながらメロン栽培をされていることを知り、メロンを食べる時、また感謝の気持ちです。頑張って下さい。

(菊池郡 会社員 35歳)

 

■メロン大好きです。今回改めて、生産者さんの愛情と情熱で美味しい熊本の農産品が作られているのだと再認識しました。これからも熊本の美味しいものをたくさん食べます。

(熊本市 学生 22歳)

 

■美味しいメロンを育てるのも土壌はもちろんですが、かなり手をかけないと出来ないということがわかりました。

(熊本市 主婦 54歳)

 

■小原さんの1日のスケジュールを拝見して、こんなにもメロンにかかり切りな生活に驚きました。おいしいメロンの生産には、一途な気持ちがこもっているのですね。

(熊本市 無職 65歳)

 

■私たちは、日ごろなにげなく店先で買い物していますが、生産者の皆さんは毎日勉強して、食物に愛情をそそがれ生産されている姿がわかります。これからもがんばってほしいです。

(菊池郡 主婦 69歳)

 

■くまもとのあぐりんを読んで見て良く取材してあり小原さんの努力する姿と1日のスケジュールが手にとるように分かりました。若くても頑張っているなと思い感心しました。

(菊池郡 無職 64歳)

 

■上等メロンの生産がこんなにも繊細で大変なのが認識できました。今後は生産者の方のご苦労も感じながら食したいと思います。

(阿蘇郡 自営業 69歳)

 

■くまもとあぐりん毎週楽しく読んでいます。若手農家で一生懸命がんばって下さるおかげで私たちはおいしいメロンが頂けるんですね。これからもがんばって下さい。

(熊本市 主婦 70歳)

 

■デリケートな果物を小まめに管理され、試行錯誤しながら“会心の一玉”を作るという夢を持ち日々地道な作業と趣味や勉強をされている姿はすばらしいと思いました。

(菊池市 主婦 55歳)

 

■いつも楽しみに読ませて頂いております。今回特集のメロンは種まきから収穫まで心を込めた作業をされている様子が伝わってきました。

(熊本市 主婦 41歳)

 

 

■甘くておいしそうで食べたくなりました。栽培がとても大変だと思いますが、頑張って熊本産を作ってください。

(山鹿市 会社員 53歳)

 

■いつも「あぐりん」読んでいます。小原さんは、大学も出られて、よく実家を継がれましたね。それに加えて、朝早くから夜迄、メロンやゴーヤの事を考えて勉強されているのは御両親も喜ばれていると思います。

(宇土市 主婦 74歳)

 

■メロン農家さん、朝早くから作業されていて、大変だと実感しました。その努力のたまもので甘くておいしいメロンをいただけるのだと思います。

(熊本市 会社員 59歳)

 

■メロンには、ビタミン、カリウム等栄養素がたくさん含まれていて、むくみの改善、病気の予防にも効果があるんですね。おいしいだけじゃないなんて、メロンすご~いと思いました。

(熊本市 主婦 39歳)

 

■新聞の記事の内容からメロンへの愛情や思いが感じられました。

(熊本市 パート 56歳)

 

■同じ年齢の方でありながらしっかりと自分の道を持ちすすまれている姿に素敵だと思います。メロン大好きです。豆知識、参考になりました。

(熊本市 パート 39歳)

 

■メロンの網目の美しさに魅了されて店頭でまるで絵画を鑑賞するかのごとく見入る事が多々あります(笑)品種もさまざまでそれぞれに美味しいのはもちろんの事、努力の結晶のたまものですよネ。「高級感」があるのでちょっとしたお買い物として買い求めています。大好きなメロンを食する時、ほんわかした幸せにひたります。

(熊本市 会社員 58歳)

 

■何回も読みました。小原さんの真面目に農業に取り組んでおられる姿が目にうかびます。

(熊本市 主婦 72歳)

 

■メロン農家小原祐一さんの研究心とメロンに対する愛情が誌面から強く伝わってきました。おいしいメロンを支える基礎がここにあると思いました。

(八代市 看護師 40歳)

 

■記事の一日の流れの中にあった「地道な作業」という言葉にどんな仕事もそれがあってこそだなぁと思いまがら読みました。甘いだけではなくて、美しさも求めるって大変でしょうけどいつか“会心の1玉”に出会えるといいですね。

(熊本市 主婦 54歳)

 

■メロンは手がかかる高級品というイメージがあります。その手間を試行錯誤していく手間も楽しんでいるような小原さんの人柄に感心します!

(山鹿市 介護士 44歳)

「早期米」を育てているJAあまくさの特派員・山迫さんに寄せられたお便り

■天草にこんな女性がいるなんて・・・うれしいですね!きつい仕事に思いを込めての米作り、女性としての計画的な生き方すばらしいですね。(天草市 主婦 65歳)

 

■私も天草に住んでいるので、天草の頑張っている女性を見て、うれしくなりました。(天草市 主婦 31歳)

 

■若者の農業離れがいままで目だっていましたが、こういう記事で頑張ろうという人も出て来ていると思います。趣味もやりながら、生活にメリハリをつける事が大事ですね。(上益城郡 パート 62歳)

 

■おいしいお米頑張って作って下さいね!みんなお米を食べて元気になりますよ!(八代市 主婦 60歳)

 

■今回は特に女性生産者だったので、しっかりと読みました。こういう方が頑張っておられるのを知ると、農業の未来が明るいと感じられて嬉しくなります。これからも元気が出る記事を楽しみにしています。(八代郡 主婦 48歳)

 

■天草産コシヒカリはおいしいでしょうね。天草の早期米を守り育てる若き女性生産者の山迫さんの頑張りとやる気には、頭の下がる思いです。男性でも農作業は大変なのに、これからも私たち米を愛する消費者に美味しいお米作りを頑張って下さい。(玉名郡 小売業 66歳)

 

■若い女性が米作りに取り組む姿、たのもしく思います。無理をせず頑張って下さい。(菊池郡 無職 71歳)

 

■あぐりんファンの一人です。若い後継者の活躍本当にたのもしく誇りに思います。(山鹿市 会社員 62歳)

 

■天草の米はおいしいですね。若いのに就農、よく決心されましたよね。農業も立派な職業です。頑張って下さいね。(宇土市 主婦 71歳)

 

■女性で親の後をついで、米作りに就農する姿を見て感動しています。また、生き方・姿勢に感心しています。山迫さん頑張って下さい、応援しています。(熊本市 主婦 65歳)

 

■山迫さん、若いのに、とっても頑張っていらっしゃるのを読み、おいしいお米が出来るだろうなあーと思いました。私も、今大変な思いで地震にたえていますが、お互いに頑張りましょう!!(熊本市 主婦 60歳)

3月掲載の「トマト」プレゼント当選者からのお便り

■私の好きなトマトありがとうございました。毎日毎日、朝、夕食べています。これから先も一日一日大事にして好きなトマト食べて頑張ります。御礼申し上げます。(熊本市中央区 原口様)

 

■おいしくてほっぺたが落ちました!!テレビで以前紹介していましたとおり、トマトはとにかく体にたいへんいいという事を伝えていました。毎日、1日2ヶ以上は食べています。つい先日健診がありまして、お腹まわりが2cm昨年より減っていました。主人も同じ事を・・・。最近何か特別な事をやられていますか?どうしてですかと聞くと、66才にしてはたいへん健康です。体重も1.2㎏減り病気でもないのに、体脂肪が減ったという事は、トマトの“力”です。皆さんももっとトマトを好きになりましょう!!(八代市 加藤様)

 

■今回は立派なトマトをたくさん送っていただきありがとうございました。週の半分はトマトのサラダを作る程、トマト好きなので応募いたしました。震災の後片付けで疲れきっておりましたが箱いっぱいのトマトの香りでまた元気がでてきました。さっそく家族や周りの人に食べさせてたいと思います。(菊池郡 井上様)

 

■この度は、美味しい「はちべえトマト」を沢山頂きまして、本当に有難うございました。届いてすぐに丸かじりで頂きました。ご自慢のトマトだけあってとても美味しかったです。ご近所さんにもお裾分けして喜んでもらいました。
我家の食卓でもトマトはかかせませんが今回はサラダにスープにと贅沢に食させて頂き、心も身体も幸せでした。ご馳走様でした。おいしい熊本のはちべえトマトが全国の皆様のお口にも届きます様頑張って下さい。(天草市 平田様)

ページトップへ