トップページ > 生産者特派員リポート

生産者特派員リポート

  • JA菊池 上田 京子 さん
  • 生年月日:昭和23年1月9日(65歳)
  • モットー:楽しむこと、共に生きること
  • ※年齢は2013年4月1日時点です。

歓送迎会のころになっても!

新入職員研修中

 

4月になり、フレッシャーズが羽ばたくころ~q(^ – ^ )q “” p( ^ – ^)p~

我が家でもJA の新入職員が宿泊研修中です。

「花農家」という前提だったのに、春ジャガ出荷に動員(;^_^A

会話すると手が止まるのが新人ぽい(≧▽≦)

 

 

降霜に用心!

 

サクラも見納め時なのに、降霜の予報!

慌てて保育園の露地ジャガに「コモ」を被せました。

そう真っ直ぐに季節は移ろいません(;´Д`)

 

さて、あぐりん特派員として各位にお世話になりましたm(_ _)m

この一年、「知ってほしい方に情報を届ける事」の難しさを実感しました。

今後も皆様には、家庭の食卓から国際農業・経済まで、

幅広く聞き耳をたてていただくようよろしくお願いします(´ー`)ノ

知る日とぞ知る

サクラも、あっという間に花むしろの陽気です。


摘果メロンの漬物

微かな甘み、柔らかな歯ごたえ、カラシ漬けにすると堪えられません(≧▽≦)
但し、農薬使用がメロン基準なので、他所にはお譲り出来ません(^^;


精米のコツ

高性能なのでコイン精米所を使いますが、
肝心なのはお米の温度を上げないこと。

よって、精米は朝イチに。

例えば「上白」に仕上げるなら、「標準」で二回通すと、
ヌカ切れ良く胚芽も残るようです(^^)

暖かくなると・・・


ピクニック気分で

ウチの子ども達は、お天気の日は外で昼ごはんにするのが好きです(;^_^A
一人でも兄弟でも、お日さまの下でニコニコと食べています。


ジャガイモ収穫の依頼が!

ハウス内で促成栽培したジャガイモに、
直売所「きくちのまんま」から出荷依頼(≧▽≦)

少し早いので、頼まれたら断れないけれど、
価格に転嫁させていただきます(;^_^A


メロンが!

春が本格化するにつれ、メロンの成長が加速していきます。
枝の整理に追いまくられる!曇天の日は病気を呼ぶので作業できない!
花が咲いても鑑賞する余裕がなーい!

ビニールの下は夏か?!


早くもスイートコーンが穂ばらみ期

連作障害を避けるためのローテーション作物として、
スイートコーンはとても重要です。
真冬に植え付けた第1期のコーンが、程よく成長しました(≧▽≦)
4月には直売所「きくちのまんま」にも並ぶので、よろしく!


指名買いされるトマト苗

苗床ではナスやトマトの苗がジワリと成長中。
床土・水分・換気の調節によって、見た目が貧相でも底力のある苗に仕上げています。

霜の心配がなくなるまで出荷しませんから、こちらもよろしく!!

伸びよ、育てよ

寒の戻り、というより冬将軍再来って感じです(;´Д`)

しもやけが再びパンパン、、、

その寒い中、保育園児と春ジャガを植えました。

保育園児、畑仕事に奮闘

(驚くことに!喜んで→)子どもたちが草取りをしている間に、

目印のヒモを張っておいて、

種芋を並べてもらって、一緒にマルチングしました。

簡単、手間いらずです。

肝心なのは「心を込めて植えること」

「自然すべてによって育ててもらうことに感謝」

さて、わが家でも、、、

見習い年長児、箸使いに奮闘

本格的に、お箸の練習を始めました。

つきっきりで相手してもらうのが嬉しいようで、

難しいけれど、イヤではなさそうです。

ページトップへ