トップページ > 生産者特派員リポート

生産者特派員リポート

  • JA熊本うき 江森 美樹生 さん
  • 生年月日:昭和37年6月16日
  • モットー:安全・安心なイチゴを。消費者においしいと言ってもらえるイチゴ作りにがんばっています。

イチゴ出荷のピーク!

JA熊本うき管内でイチゴの出荷がピークを迎えました。

 

高品質でおいしく仕上がったイチゴをぜひ食べてみてください!

 

収穫は5月頃まで続きますがこれからも頑張ります。

 

 

取材を受けました

「くまもとあぐりん」の取材があり、イチゴの生育状況や品種の特徴などを説明しました。


圃場での撮影の様子

管内でとれるイチゴの魅力を多くの方に知ってもらいたいですね。


地元小学校児童にイチゴを紹介

イチゴ苗

イチゴ苗の定植が無事終わりました。

11月下旬からの収穫に向け、今後は生育に気を配りながら

肥培管理や水管理、病害虫防除などを行っていきます。

自信を持っておいしいイチゴを食べてもらえるようにこれからも頑張ります。

 

 

畝に沿って2万ポット以上植え付けました。

初めまして

皆さま、初めまして。

平成26年度より、JA熊本うきのあぐりん特派員になりました宇城市三角町の江森美樹生です。よろしくお願いします。

 

 

JA熊本うきプライベートブランドのイチゴ「のぞみ」を栽培しています。のぞみは、一般のイチゴと比べて果実が大きく、品質が良いのが特徴で、宇城地域のJA熊本うきイチゴ専門部会だけで栽培しています。

安全・安心で、食べていただいた方においしいと言ってもらえるイチゴ作りに頑張ります!

 

今の時期は、親株から伸びたランナーを育苗ポットに受ける作業を行っています。7月中旬頃までに、900本の親株から約2万7000ポットを作る計画です。

 

これから暑い日が続きますが、9月の定植に向けて頑張ります!

 

2014年度特派員は江森美樹生さん

2014年度の特派員は、江森美樹生さんが担当します。

ページトップへ