| JAグループ熊本 | くまにちコム |イメージトップページ |
くまもと あぐりんネット 熊本農業の今がわかる 食と安全・安心を見つめる 生産者情報も満載


生産者特派員リポート
JAくま特派員 JAくまホームページ http://www.ja-kuma.or.jp/

写真
イメージ
■プロフィール
(1)愛甲 真慈さん
(2)昭和56年生まれ、27歳
(3)球磨郡多良木町
(4)祖父母、両親、妻、子ども2人の8人家族
(5)キュウリ35a、メロン65a、水稲330a、麦220a、スイカ10a
(6)地域の若手後継者と協力して、新しい球磨ブランドの確立を目指しています。

イメージ 2010/04/07
 最近写真を“拒否る”ゆずなです(>_<)。何とか1枚写せました。

 交配後26日のプリンスです。あと2週間ほどで収穫の時期を迎えます☆☆

 交配後23日目のアンデスです。これからネットが入って皆さんがよく知っているメロンの形になっていきます(^O^) 。

 1年間お世話になりました! なかなか上手くお伝えできないところもありましたが、私も貴重な体験をさせていただき、楽しい1年でした( ̄▽ ̄)。最後に嫁さんと久々のツーショットの写真をUPしてみました☆


イメージ 2010/03/17
 いやー、3月10日の雪はすごかったですね(@_@)。雪が降ってると思ったら、ほんの1時間くらいでかなり積もってました

 その後ハウスが心配になり、雪降ろしをしました。大事にいたらなくって良かったです☆☆

 メロンはというと3月1日より交配を始めました。天気が不安定なので、うまく実が大きくなってくれればいいんですが(>_<)。写真はプリンスメロンの交配前の雌花です。

 交配後15日目のプリンスメロンです。実も随分と大きくなってきました。そこでいらなくなった花びらを取り、玉すきを始めました。いらなくなった花びらは早めに取ってやらないと花びらが腐り、果実に傷みを与えることがあります。また玉すきをすることである程度メロンの形を整えていくことができます。

 こっちは交配後12日ぐらいのアンデスメロンの写真です。アンデスはプリンスに比べて果実が熟れるまで時間がかかります。しかし、玉はプリンスより大きくなりますよo(^-^)o 。


イメージ 2010/03/10
 お久しぶりです! 忙しい時期に入り、なかなか写真をUPできずにすみません。まー、この写真を見て笑っていただければと思います(>_<)。これは消防団の先輩の結婚式の余興の練習の一幕です! うちの若頭は最高です(^O^)。

 えー、メロンの方はといいますと、1月7、8日にアンデスを定植し、1月15、18日にプリンスを定植しました☆ 写真はプリンスメロンです。

 これはアンデスの豆葉をかいで、子づるを2本に仕立てているところです!

 メロンに水をあげているところです。根が活着するまでは、このように株元に直接水をあげます。ちなみに1月は水が冷たいため、一度沸かしてぬるま湯を与えます。あまり冷たい水をあげると根が傷みます(>_<)。

 2月の後半に子どもを連れて人吉の梅祭りにいってきました。初めて行ったんですが、とてもたくさんの梅の花が咲いていてきれいでした★ 天気も良く、子どもも大喜びでした( ̄▽ ̄)>。 次回は交配の様子などお伝えしたいと思います。


イメージ 2010/01/20
 あけましておめでとうございます( ̄▽ ̄)。皆さんお正月はどう過ごされましたか!? 私は飲んだくれた正月でした(笑)。ひさびさに高校のクラス会などがあり、充実していました。そんな中、年末の消防の夜警のときに撮った一枚です。毎年年末の3日間は消防団で夜警をするのですが、2人ともブログにUPすると伝えるとノリノリで写ってくれました。ありがとう若頭、慎吾☆

 アンデスメロンの芽が出てきました。ある程度豆葉が大きくなったら仮植していきます。

 発芽して1週間目の写真です。本葉が顔をだしてきました☆

 これはプリンスメロンをかぼちゃの台木と接木しているところです。プリンスは相性のいいカボチャと接木することによって“から(樹勢)”が強くなります。プリンスはアンデスの5日後の12月20日に播種しました。

 最後に1月13日久々の大雪で市房山も真っ白に染まりました。雪はきれいなんですが、あんまり降ってくれるとハウスが心配です(>_<)。次回は定植の様子などUPしたいと思います!


イメージ 2009/12/23
 随分寒くなってきましたが、皆さん体調管理には気をつけてますか!? さて、今回の1枚目の写真ですが何だか分かりますか…実はコウモリなんです!! しかも生きていました(>д<)。納家の上から苗場に使う板を出していたら落ちてきました。最初はネズミが死んでいるのだろうと思っていたら、どう見ても羽が付いていて、まさかのコウモリでした。いくらわが家が田舎でもさすがにびっくりしました(@_@) 。

 春メロンのハウス準備を始めました。今年はキュウリが長く収穫できたおかげでいつもより準備が少し遅くなりました。まずはパイプを建てて…。

 その後に粉砕もみと堆肥を入れます。

 堆肥ともみ殻を入れたら、ハウス内を一度起こし、肥料をふって仕上げます☆ その後にビニールをかぶせ、外は完成です(^O^)。

 ハウス内は溝をきり、マルチをかぶせ、トンネルを三重にして仕上げます。これから最低2週間以上かけて地温確保にとりかかります。晴天日が続けばいいのですが(>_<) 。

 12月15日にアンデスメロンを播種しました。来年もおいしいメロンをつくるぞ!!


イメージ 2009/11/18
 ここ最近、急に冬が近づいてきた感じがしますが、皆さんは元気に毎日を過ごせていますでしょうか!? しかも、インフルエンザの影響で娘の保育園も休みになったりならなかったり(>_<)。
 さて、そんな中、11月頭に熊本市内の義祖母の一周忌でお墓参りに行ってきました。写真はその帰りにクレアに寄ったときの一枚です。

 これはじーさんが毎年ハマっている花の出荷準備の様子です。うちの祖父母は一年中家庭菜園を楽しんでいるんですが、その中でも花は大好きで、いつも朝早くから店に出す花の準備をしています☆ ちなみにじーさん初登場かな!?

 これがじーさん自慢の菊の花です(●^o^●)。

 これはばーさんが豆の殻むきをしているところです。なんでもこの豆は祖母いわく『にかいぶろ』と言うらしく、一度植えると2回収穫できるからこの名前がついたそうです…ほんとかなー(^_^;)。

 この『にかいぶろ』は煮て食べるとおいしいらしいです★
 次回は春メロンの準備の様子を載せたいと思います(^O^)。


イメージ 2009/10/28
 みなさんこんにちは! 今回は私が約1カ月間お世話になったJA球磨の上地区カントリーエレベーターのことをお伝えしたいと思います★ カントリーとは、穀類乾燥調製貯蔵施設のことで、つまりは稲刈りしたもみを乾燥させて貯蔵し、もみすりをして出荷する施設です。最大貯蔵量は2000トンで50トンのビンが40本並んでいます。ここは多良木町、湯前町、水上村からのもみの受け入れをしていて、今年も1800トン以上入りました☆

 これはコンテナに入れられたもみを投入する場所です。コンテナは大と小があり、大には約700kgのもみが入ります。

 投入口の様子です! 回転リフトを使ってもみを投入します。

 これはもみすり機の写真です。近くで見るととても大きいですよ(^_^;)。

 保有米を袋詰めしているところです。10月後半になると毎日100袋近く保有米を取りに来られます。やはりみなさん早く新米を食べたいですよね(^O^)。

 今年はここ数年の中でも米の出来具合が良く、食味も上々です! みなさん球磨の『ひのひかり』『にこまる』を食べてください。とてもおいしいですよ(^O^)。


イメージ 2009/09/30
 皆さんお久しぶりです(^^ゞ)。朝晩は冷えますが、まだまだ暑い日が続いています。インフルエンザも流行ってきていますし、体調管理には十分ご注意ください(_ _)…。ってか、毎日チョー忙しくて全然ブログUP出来なくてすみません。今回からまた写真を中心にUPしていきたいと思いますので、見てやってください!
 なんせお伝えしたいことはたくさんあるんですが…どれからいこうかな(^_^;)。じゃー、キュウリの写真を載せているのでそこから…。今月の熊日のあぐりんに載せていただいたんですが、その後の反響がすごく、新聞の影響力をあらためて実感しました。ちなみに今年のキュウリはすこぶる順調なんですが、なかなか単価が上がらなくって(T_T)。しかも、あまりにも天気がよく水不足で…あー、また市房ダムの水がぁぁぁ。

 8月9日、わが家の家族が増えました☆ 次女『まゆり』です(^O^)。無事元気に生まれてきてくれてありがとう!! しかし長女ゆずなは複雑な気持ちのようで、うれしい半面、お母さんを取られまいと、毎日あの手この手で気をひこうと頑張っています★ まー、そんな姿がかわいいなどと思っているバカ親なんですが(^^;)。

P.S. 今回、無人ヘリコプターのことをUPしようと思っていたんですが、あまりにも忙しい毎日で、写真を撮るのを忘れていました…。ですので、どこかの機会にUPしたいと思っています!


イメージ 2009/07/29
 いやー、7月も後半を迎えてますが連日の雨。いったいいつになったら梅雨明けするんでしょう? 私は無人ヘリコプターの農薬散布の組織にも入ってるんですが、稲の一回目の防除もなかなかはかどりません…。詳しくは次回に。

 今回はいよいよ収穫を迎えたスイカの様子を伝えます(^O^)。写真は収穫しているところです!

 1回目の収穫は85個でした。例年に比べ小ぶりとなりましたが、形もよく糖度も11度以上と上々のできです☆

奥から「紅大」「縞王」「祭りばやし777」

 販売は近くのスーパーや市場をはじめ、わが家を直売所にしてます!! 毎年買ってくださる常連のお客さんもいらっしゃって、今年も販売に気合いがはいってます。なんてったってこのスイカは唯一、私が中心で作ってる作物ですから( ̄▽ ̄)。

 ゆずなも大好きなスイカです。おいしいですよ★

 定植後24日後のキュウリです。収穫まであと数日…次回お伝えできると思います


イメージ 2009/07/22
 皆さん暑い日が続いていますが、体調の方は大丈夫ですか? 私は最近まで
胃腸炎にかかり、4日ほどダウンしてました(>_<)皆さんも体調管理には十分注意しま
しょう☆さて、今回の1枚目の写真は、キュウリの畝(うね)作りの様子です! この時期のハウス内の温度は大変なことになっています。日中は作業を休んで、朝早くから夕方遅くまで仕事をします!

先ほど作った畝にマルチをかぶせ、支柱を立てていきます。

これがキュウリの苗です! わが家はセル苗といって、小さいうちの苗を定植します☆

先ほど立てた支柱にネットを張って準備は終了です。そしていよいよ定植となります(^_^)

連棟ハウスより2週間ほど早く定植した単棟ハウスのキュウリです。あんなに小さかった苗がもうこんなに!夏のキュウリの成長は早いですよ〜。

一方、こちらはスイカの成長の様子です! 交配後12日目のスイカです!もう立派にスイカの形をしています★

交配後18日目のスイカです★

 交配後26日後のスイカです★収穫まで後わずか…。次回はいよいよスイカの収穫でーす(>д<)


イメージ 2009/07/09
 皆さんこんにちは! 今年は梅雨入りしてもなかなか雨が降らず、市房ダムの水もなかなかたまらないため、稲もどうなることかと心配しましたが、やっとまとまった雨が降ってくれて、一安心しています(>_<)。

 さてそんな中、6月の某日家族旅行に行ってきました…とは言っても日帰りですが。しかも当初の予定では、鹿児島に友達家族と一泊旅行のはずだったんですが、お互いの予定が最後にきてかみ合わず、残念ながら一緒には行けませんでした。さらに熊本までコンタクトレンズを取りにいかなければならなくなったため、わが家のいつものコース、熊本動植物園に行きました!
 写真は初登場のわが愛娘の『ゆずな』です。ただ今2歳のやんちゃ盛りで、わが家のアイドルです☆ 笑顔で写ってくれれば良かったのですが、写真を嫌がるのを何とか写しました。当日は曇りでしたが蒸し暑く、私たち夫婦はバテ気味だったんですが、そんな中、子どもだけは元気120%でした。さすが子ども!!

 こちらも初登場の妻の『りか』です! ただ今妊娠9カ月です! 8月に生まれてくる第2子を皆で楽しみにしています(^o^)。 動植物園の後、阿蘇の草千里に行き、大自然を満喫してきました。ありがとう動植物園、そして阿蘇の大自然!!

 今回は最後に1枚だけ、定植前のキュウリのビニールハウスを載せてみました。今年もキュウリよ、たくさんなってくれ! そして台風よ、来ないで(>д<)。


イメージ 2009/07/01
 みなさんこんにちは☆ 今回はスイカの成長をお届けしたいと思います! スイカのつるが伸びて交配できるくらいに成長しました(^^)。わが家で作る夏採りスイカは交配が梅雨の時期と重なるのが問題点です。交配して2、3日雨降らなければよいのですが…。

 これは交配を行っているところです! 雄花の花粉を直接雌花につけます! わが家では、1つの株に対してつるを3本伸ばし、玉を1つつけて、栄養が玉に十分に
いくようにしています。

 これは花粉をつけた直後の雌花です。

 このように交配したスイカには色ひもを付けていきます。これはスイカを交配後の日数で収穫するため、後でいつ交配したものか分かるようにするためです。

 交配後4日目の写真です! 交配後、晴れの日が続いてくれたため、最初に交配したスイカはうまく着果してくれました(^o^)。これからの成長が楽しみです! 次回は夏秋キュウリのことなどをお届けしたいと思います。


イメージ 2009/06/03
 皆さんお久しぶりでございます(^^ゞ)。さっそくですがこの写真は豆葉が出てきたスイカを接木しているところです。台木はユウガオを使用しています。なお、写真は母です(^_^;)。

 約800本の仮植が無事終わりました! ※スイカの種類は縞王、祭りばやし777、紅大の3種類!!

 仮植から約20日の時を経て、ついに定植の日を向かえました☆ 私のスイカ作りのモットーは、できるだけ労力と経費を削減して、その中で『おいしいスイカ』を作
ることです。そのため、メロン後のハウスをそのまま利用し、メロンの残さも下敷きとしてそのまま使います。もちろんメロンの後はハウスを一週間以上しめきり、できるだけ殺菌、殺虫を行っています。

 スイカはわらが大好きです。しかも、これからの暑さ対策に敷きわらはかかせませ
ん!

 活着するまではこのように一つ一つたっぷりと水を与えます。

 今回はここまでです! 次回は成長したスイカ情報などをお届けしたいと思います(>_<)。


イメージ 2009/05/13
 アンデスの収穫がピークを迎えました。今年、わが家は準備が遅れたため、例年より一週間ほど遅れましたが玉の大きさは2L、LA中心と上々の出来です。

 袋の中は収穫したアンデスでいっぱいです(^O^)。

 収穫したアンデスをコンテナに入れているところです。

 JA上球磨の選果場です。ここで箱詰めされて関東、関西を中心に出荷されます。

 球磨のメロンはおいしいですよ(o^-^o)。写真は母です!

 スイカの播(は)種作業をしているところです。実は私、夏採りスイカに力を入れていて、夏にハウスで、しかも九州というくそ暑い条件の中、4年前からチャレンジしています!! 次回からはそちらの様子もちょくちょく載せていきたいと思います☆


イメージ 2009/04/22
初めまして、愛甲真慈です。わが家は主にメロン、キュウリを中心とした施設園芸農家です。
写真は、3月中旬のものですが、これはアンデスメロンの摘果作業をしているところです。「摘果作業」は、1株に対してメロンを3〜4果残し、そのほかを摘み取る作業のことです。そうすることで、残された玉に栄養が十分行き渡ります。
次回は、メロンの収穫作業を紹介します。


くまもとあぐりんネット
Copyright 2003-2008, Kumamoto Agrin Net

サイト内のすべての画像、及びテキストの転載はお断りいたします。