| JAグループ熊本 | くまにちコム |イメージトップページ |
くまもと あぐりんネット 熊本農業の今がわかる 食と安全・安心を見つめる 生産者情報も満載


生産者特派員リポート
JAやつしろ特派員 JAやつしろ ホームページ http://www.kasias.or.jp/ja-ysc/

写真
イメージ
■プロフィール
(1)辻本 康さん
(2)昭和57年生まれ、27歳
(3)八代市
(4)祖父母、両親、姉の6人家族+愛犬
(5)水稲180a、アスパラガス20a(2年目8a、新植12a)、露地野菜100a(キャベツ・ブロッコリーなど)
(6)仕事でどれだけ楽ができるか? 同じ仕事でもいかに楽をするか? 「楽をするためならどれだけキツイ仕事でも」と矛盾した考えをしているため、考えるたびに頭痛に襲われる毎日です。そのうち知恵熱が出るかもしれません。

イメージ 2009/06/17
【6月14日 1カ月ぶりの更新 〜アスパラもいろいろあったけど、写真を撮るの忘れてたから別件でごめんなさいの巻〜】

 5月中旬から約3週間、アスパラの管理を母親に任せて、一人で春キャベツを切っていました。

 その間、夜は泥のように眠り、毎晩のように大腿部後面がつるという毎日を過ごしたおかげで“ハムストリングス”がものすごく発達しました。ええ、「それはガンダムの足かい?」ってぐらいに。隣の田んぼが代かきしてあったので水がしぐんで(染み込んで)、畑グッチャグチャだったから当然ちゃ当然なんですけどね。

 今月の初めにムカデに足をかまれ、倍ぐらいにはれた画像を一緒にアップしようかと思ったんですがやめておきます。さすがにこいつは載せれねぇ。

 んで、今日は、地元の防災訓練でした。小学校のグラウンドで朝から土のうを作ったり、バケツリレーをしたり、住民の避難の誘導をしたり…。終始和やかなムードで滞りなく進んだのですが、実際の場合を考えると和やかな雰囲気じゃいかんのでしょうね。
 防災訓練時の写真もあったんですが、撮影を任せた後輩がオートフォーカスを全てピンボケさせるという神業をかましてくれたので、残念ながら私の勇姿はご覧いただけません。


イメージ 2009/05/13(3)
【5月5日】
 なんとなくです。別にメッセージ的な何かはありませんの巻

 ツバメです。他のツバメは飛んでる中、全然飛ばずにチョコンと居座ってました。

がっつり近づいても↑これです。しかも、小憎らしくカメラ目線です。なんですかね? 暑かったんでサボリっすかね?


イメージ 2009/05/13(2)
【4月29日】
2年生株の手入れをしようの巻

 更新2回目なんですが、25日分の更新がネットの状態が悪く更新できていないため、今回まとめて更新です。前回の内容を書き換えようとは思いません。あしからず。
今日のお手入れは摘心です。立てた親株のとっぱ先を止める仕事です。親立てはどうした? と思う方もいると思いますが、もう1カ月前くらいのことなので、来年まで待ってください。

うちのかーちゃんがアスパラの芯を止めています。アスパラがでかいので、かーちゃんが余計小さく見えます

伸びきって葉っぱ?が開いてるやつを・・・ 注)アスパラの葉っぱっぽいやつは、擬葉っていいます。葉っぱとしては疑わしいようです

 こう!! 高さは、120センチくらいできっちゃいます

摘芯の目安は、葉っぱが開ききって、色が濃い緑になってからなんですが、写真では分かりづらいと思うので、近所のアスパラ農家さんとこに見に行くのが一番です。
 摘芯中にアブラムシが発生していたので、殺虫剤をやらないかんようですね。ちなみに私は、イモ虫・蛇なんかは大丈夫ですが、アブラムシの類は、大嫌いです。何で嫌いかは、分かりません。むしがすかんというやつですね。人間ならば絶対友達になりたくないタイプの生き物です。
 話はずれましたが、今回はこれでお開きということで。次回の更新でお会いしましょう。


イメージ 2009/05/13(1)
【4月25日】

 1年生株(1年目株)の手入れをしようの巻
 初更新です。が、特にこれといったことがないので、アスパラの管理なんぞを紹介してみようかなぁ的な試みです。

1年目のアスパラです。去年の10月に定植したやつです。まだマルチが張ってあるので潅水(かんすい)は根元に手潅水です。大変だぁー。

今やっているのは、親立てっていう仕事です。親って何だ?  と思ったら、高く伸ばして葉っぱをつける係のアスパラだと思って下さい。上手い解説が見つかりません。
葉っぱを付けるということは、光合成をするわけで栄養を作るわけなんですよ。そうして、作った栄養が根っこの方に降りて、根っこから新しいアスパラが生えてくるってわけです。まぁアスパラを生やすためのアスパラですね。
 1年目の親立ては、細いアスパラを切って、だんだん太くしていく作業です。何で切っていったら太くなるのかは分かりません。アスパラに聞いてください。


こういう細いやつを切っていきます

曲がったやつも切っちゃいます

 こんぐらいになればスッキリです。太さもタバコよりちょい太めでOK!! 後は、もう2、3本生えればばっちりです

こういう細い株を見ると「早く太くならんか!!」と心の中で叱咤(しった)激励してます

 連休明けには、大体の株がいい感じになってくると思うので、そっから先は収穫しながらいじることになります。またこれが大変なんですよ。まぁそれも1年目だけだからがまんするんですけどね。こういったところで、今回はお開きということで。それでは次回の更新でお会いしましょう。


イメージ 2009/04/22
 初めまして、辻本康です。どうやら2009年度のJAやつしろ特派員らしいです。以後お見知りおきを。

 わが家はイ草農家だったのですが、一昨年、経営転換をしようっつーことでアスパラガスを始めた新米アスパラ農家です。後は、水稲と冬場の露地野菜を作ってます。
 今のアスパラは親立てをやっているので収穫量も少なく、時間にも余裕があるのですが、あと1〜2カ月後のことを考えるとゾッとします。作った春野菜の収穫が予定通りいくことを祈る今日このごろです。

 今回、初めてのリポート(?)なんで、わりかしキチっと書いてますが、回を重ねるごとにくだけた文章になると思いますので、今のうちに読んでいらっしゃる皆さまならびに、あぐりん編集室の方へおわびを申し上げておきます。

 「ごめんなさい」。

 温かい目でとは言いません。生温いぐらいの目で見てやってください。こんな感じでやっていきますんで、一年間よろしくお願いします。


くまもとあぐりんネット
Copyright 2003-2008, Kumamoto Agrin Net

サイト内のすべての画像、及びテキストの転載はお断りいたします。