| JAグループ熊本 | くまにちコム | サイトマップ |

くまもとあぐりんネット
特集
旬
編集室の産地で見つけた!
読者リポーター募集
毎週水曜更新

   生産者特派員リポート

JA菊池特派員 JA菊池 ホームページ http://jakikuchi.jp/

■プロフィール
(1)瀬川 竜次さん
(2)昭和54年生まれ、30歳
(3)菊池郡大津町
(4)妻、子ども1人の3人家族
(5)おいしいお茶の栽培(7haの茶園)・製造・販売
(6)スノーボード、映画鑑賞

イメージ 2011/04/13
「JA菊池くまもとあぐりん特派員」になってあっという間の1年間でした。ここまで記事を作ることができたのも、ご協力いただいた皆さんのおかげ!本当にありがとうございました。そんな記事も今日でいよいよ最終回です。今回もいろいろな出来事があり、内容盛りだくさんです。

JA菊池 平成22年産茶求評会および茶春管理研修会

平成23年3月29日(火)午後1時より、JA熊本経済連茶入札場にて開催されました。参加者は約20名です。
今回の講師は福岡県八女市より、ティーワークス 代表 安達直隆氏です。求評会を行う茶は、平成22年度茶共進会入賞茶と経済連所有の緑茶です。ということは、私たちが作った瀬川のお茶もここにあるわけです。なんか恥ずかしいですね。
写真では分かりずらいかもしれませんが、このように入札場でお茶が並ぶとお茶の質が分かってきます。入賞しているお茶、さすがです。
瀬川のお茶がありました。今年も入賞できるように頑張っていきたいと思います。
ここで安達先生から熊本のお茶の感想、そして今後のアドバイスをたくさん頂きました。大変勉強になりました。ありがとうございます。
安達先生が持ってきた焙煎(火入れ)後の緑茶もありました。焙煎することでお茶の味や香りがさらに引き出されます。焙煎の仕方は人それぞれ。このお茶、すごかったです。求評会が終わった後は、別室で今後の茶園管理研修会が別室で行われました。今までの復習も兼ねた内容でした。
この記事が掲載された次の週には茶入札会が始まります。さらに気を引き締めて張り切っていきます!


佐賀県嬉野市への研修


日本茶インストラクター協会熊本県支部の研修に行ってきました。この日は4月2日(土)で、高速道路の車の数も多かったです。途中休憩で立ち寄った広川サービスエリアも人でたくさんでした。
嬉野市へ入って進んでいくとこのようなバス停があります。大茶壷「茶楽里(さらり)」です。この中、実は待合室になっています。
ようやく最初のスポットに到着しました。嬉野市茶業研修施設「嬉茶楽館(きんさらんかん)」では写真のように「うれしの茶ミット」が開催されていました。ここでは嬉野茶を使ったさまざまなイベントが行われていました。
ここには、釜炒り茶の手作りができる施設も。
傾斜釜を用いた釜炒り茶作りがもうすぐ始まります。使用する新茶は地元のハウス栽培によるものです。
体、特に腰を痛めないようにでしょうか、低い段差になっている部分があります。
今回使用する道具です。
釜裏の火の準備も整いました。


生葉の釜炒りが始まりました。写真だけでは伝えることのできない、ものすごくいい香りが立ち込めていました。このような手炒り実演会を見学することはなかなかできません。釜炒り茶を知るということも兼ねて、とてもいい勉強になりました。この作業で茶葉に含まれる水分(含水率)は約半分になります。










釜炒りの実演が終わったら、これらの写真のように手揉みの実演が行われていました。ここでも釜香の独特のいい香りが立ち込めていました。写真と言葉だけでは伝えられないのが残念です…。
「嬉茶楽館」建物内も見学してきました。


緑茶製造機械がたくさん並んでいました。釜炒り茶製造機械も。




東日本大震災の影響で開催も心配されていましたが、いざ来てみるとこれだけたくさんの人がいて大にぎわいです。
抹茶うどんや石鹸など、地元のお茶を利用した商品販売もおこなわれていました。


嬉野市の桜や茶の段々畑を目にしながら次に向かったのは…
国の天然記念物に指定されている「大茶樹」です。推定樹齢340年といわれています。
こうやって見ると大きいですね。大きさとしては樹高4m・枝張り8mとのこと。嬉野茶の茶祖といわれる吉村新兵衛翁が植えたとされています。
研修予定にはなかったのですが、その吉村新兵衛翁をまつる頌徳碑が近くにあったので行ってきました。
しかし看板からそこにたどり着くまではすごい坂です。どうしてこのようなところに作ったのでしょう…。
ようやくたどり着くことができました。大昔はこの辺りは山の頂。このような森ではなかったはずです。見晴らしのいい場所に建てたかったのでしょうか。


昔の名残が頌徳碑の周りに残っていました。
昼食はこの板前東屋です。
お茶を使ったたくさんのヘルシー御膳を頂きました。







昼食後はすぐ近くの「LUXU(ラグジュ)」で嬉野茶を使用した商品の買い物をしました。


買い物後はこの「和楽園」でお茶風呂です。ここの露天風呂「緑泉」は健康志向が高まっているということで高い人気を得ています。


露天風呂にはこのようなものが。すごいですね。


そして帰りは、この徳永製茶で寄り道をして帰りました。
嬉野の桜は満開でした。そして勉強になることがとても多い研修でした。


息子の入園式
息子の由人(ゆうと)の入園式が地元大津町の白川保育園でありました。去年8月からの途中入園ということで今回入園式への参加となりました。
デジタルビデオカメラ撮影をしていたのであまり写真が撮れませんでしたが、記念に残る映像をたくさん撮ることができました。先生から名前を呼ばれた時も元気に「ハイッ!」と返事していました。
帰りにケーキを頂いたのですが、早速手に取ったと思いきや振り回して遊んでいました…、自分で持ち歩く楽しみを覚えたみたいで。この箱を開けると当然中身は…。とりあえず無事保育園に入園できて何よりです。4月9日(土)のことでした。


茶園管理について
今年に入って例年になく寒い日が続いていますが、ようやく新芽が出てきました。今年の新茶初摘みは寒い影響からか、去年よりも少し遅くなるかもしれません。あとは霜に合わないように管理していかないとですね。これからが楽しみです。

研修生の山野君


研修生の山野邦彦くんです。4月4日(月)から8日(金)まで、JA菊池新入社員の研修として瀬川製茶に泊まり込みで来ました。JA菊池営農部南指導センター勤務で今年からお茶担当として働くことになります。お茶関係の皆様、山野君をこれからよろしくお願いします。研修始めは、茶園の肥料まきをしてもらいました。今回の分で約4ヘクタールの茶園を歩いてくれました。もしかしたら今頃は筋肉痛かもしれませんね。でもいい経験にもなったと思います。おかげで私は少し楽できたかも。お疲れ様でした。
お茶袋のシール張りや…
お茶の袋詰めもしてくれました。何事も経験です。他にも、新茶製造に向けての茶工場内の掃除も手伝ってくれました。
私の家族と一緒に記念写真も撮りました。これからも茶入札会などにも行くことになる山野くんです。よろしくお願いします。そしてお世話になります。余談ですが、写真下の3人は私の息子からすると、写真左からカズ子おばあちゃん、マスエおばあちゃん、美智子おばあちゃんです。3ババトリオといったところでしょうか(笑)

最後に
今年で96歳になったマスエおばあちゃんです。一見普通に笑顔で元気そうですが…
お茶を持つとさらに笑顔になりました。お茶が元気の秘訣ですね!
瀬川家で写真をとりました。「JA菊池くまもとあぐりん特派員」をしてきて本当によかったです。充実した1年間でした。写真のように笑顔になれたこと、直接的、間接的に得るものもたくさんありました。これからもお茶の生産者として、日本茶インストラクターとしてガムシャラに突っ走っていきます。また、くまもとあぐりんOB会などがある事を期待します!
今後、お茶の事はこちらでも掲載していきます。ブログアドレスを掲載しておきます。ぜひ見てください。
瀬川製茶のブログ  http://segaji0835.blog2.fc2.com/


そして、今日のシゲはグッスリ寝ていました。後ろでは息子も寝ています。

平成23年度くまもとあぐりん特派員の方の記事も楽しみです。またお茶に関しては、年度によって、人によって仕事内容が大きく変わることがあります。そちらの情報も楽しみです。

バックナンバー・・・最新ページNo,5No,4No,3No,2No,1


・・・・・ トップページ ・・・ ページのトップ ・・・・・

Copyright 2003-2010 Kumamoto Agrin net all rights reserved.  サイト内のすべての画像、及びテキストの転載はお断りいたします。