| JAグループ熊本 | くまにちコム |

くまもとあぐりんネット
特集
旬
編集室の産地で見つけた!
読者リポーター募集
毎週水曜更新

   生産者特派員リポート

JAあしきた特派員 JAあしきた ホームページ http://www.ja-ashikita.or.jp/

(1)市川大地さん
(2)昭和52年生まれ
(3)芦北郡芦北町
(4)祖父母、両親、妻の6人家族
(5)甘夏、不知火(デコポン)
(6)おいしい甘夏、デコポンをたくさんの人に喜んでもらえるように日々、精進しています。安心安全のために減農薬、減化学肥料に取り組んで行きたいです。

イメージ 2012/02/08
 1月26日、熊日あぐりんの取材がやってきました。
記者の方、カメラマンさん、読者リポーターの鶴田さん一家(母・かおりさん、知花ちゃん6歳、泰陽くん4歳)が、うちの甘夏園地を訪れました。

ここ数日は冷え込みが強く、特に昨日は雨・雪と大荒れの天気だったので、当日はどうだろうか…と心配していました。
寒くはあるものの、快晴に恵まれ、ホッと一安心。しかし、慣れない取材にドキドキしながら取材日を迎えました。

 甘夏の収穫を、知花ちゃんと泰陽くんに教えると、小さな手で大きな甘夏を一生懸命にぎりながら、収穫してくれました。

 収穫の後は甘夏を味見。収穫したてはまだ酸も高く、酢っぱいので、どうだろうか…と思いましたが、意外にも「おいしい!!」と笑顔でぱくぱく。お母さんのかおりさんも「全然酢っぱくないですよ〜」と喜んで食べてくれました。

 取材を終えた、知花ちゃんと泰陽くんちはなぜかハイテンションで大はしゃぎ。それを見たうちのあつひろも大喜びです。



 この記事は2月22日、熊日に掲載されるとのこと。今からとても楽しみです。皆さんも、よろしければぜひ見てみて下さいね♪


イメージ 2012/01/18
あけましておめでとうございます。
寒い毎日が続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ご無沙汰しております。市川です。

さて、現在我が家では露地デコポンが収穫の最盛期を迎えております。
1月6日から露地デコポンの収穫を始めており、1月中旬頃までにすべて収穫してしまう予定です。その後はすぐに甘夏の収穫に取り掛かります。
寒い冬ですが、体調に気をつけながら、ノンストップで頑張りますよ〜!

そんな中、本日1月11日には、JAあしきたの広報担当者が取材に来ました。
今月末発行の広報あしきた2月号に農業人として紹介されることになったのです。
表紙の写真も…ということで、今日は妻と子供も一緒に撮影してもらいました。

今年のデコポンは、表年ということもあり、天候にも恵まれ、出来は上々です。

我が子、敦大(あつひろ)、6カ月です。かわいいでしょう♪

今、収穫しているデコポンは、貯蔵し、2月下旬から3月上旬に出荷します。貯蔵することで酸が抜け、おいしくなるんですよ。
ぜひ、皆さんにも食べて頂きたいです。


イメージ 2012/01/11
皆さんこんにちは!
すっかりご無沙汰しておりました。
急に朝晩が冷え込むようになりましたね。体調には気をつけたいと思います。

10月20日にJA青壮年部で地元小学校の餅米の稲刈りをお手伝いし、
25日に脱穀しました。
5日間ですが、掛け干しを行いました。
このままではまだ乾燥しきれていないので、
JAのライスセンターで仕上げてもらいます。
できた餅米で餅つきをするそうです。
青壮年部のメンバーもかんきつ農家ばかりなので、毎年勉強です。






イメージ 2011/04/20
私は、芦北町で特産の甘夏やデコポンを作っている市川大地と申します。昨年結婚し、両親と夫婦で安心安全なおいしいみかんをお客様に届けるため、頑張っています。
今後は、新しい品種にも積極的に取り組んでいこうと考えています。どうぞよろしくお願いします。





・・・・・ トップページ ・・・ ページのトップ ・・・・・

Copyright 2003-2010 Kumamoto Agrin net all rights reserved.  サイト内のすべての画像、及びテキストの転載はお断りいたします。