| JAグループ熊本 | くまにちコム |

くまもとあぐりんネット
特集
旬
編集室の産地で見つけた!
読者リポーター募集
毎週水曜更新

   生産者特派員リポート

JAたまな特派員 JAたまな ホームページ http://www.jatamana.or.jp/

(1)吉田純さん
(2)昭和48年生まれ
(3)玉名市
(4)両親、妻、子ども3人の7人家族
(5)トマト 60a、水稲 130a
(6)「焦らず、慌てず、欲を出さず」を心がけて作っているつもりですが…まだまだです。まあ、家族が笑顔でおいしい食事、おいしいお酒が飲めれば、それで満足です。

イメージ 2012/04/04
一気に暖かくなり、気づけば周りも満開…。



4月、友人のこいのぼり立ての手伝いに。

トマトもいよいよシーズン真っただ中です。
収穫に追われています。おいしいものをお届け…。



先日、同じ特派員のJA本渡五和・中田君より、不知火(しらぬい)を頂きました。




おいしかったらしく、子どもたちもすごい勢いで食べていました。
中田君、ありがとうございました。
昨年、青壮年部が小学6年生を対象に行った「わが町特産物PRポスターコンクール」の上位入選作品がカレンダーになりました!!


カレンダーは、JAたまな事業所や管内の幼稚園、保育園、小中学校、そのほか公共施設、飲食店などに配布します。
カレンダーには、QRコードがありますので携帯電話で読み取って他のポスターも見ることができます。ポスターを見かけられたらぜひご覧ください。


イメージ 2012/03/28
「暑さ寒さも彼岸まで」…とはよくいったもので、日が長くなるにつれ暖かさを感じられるようになってきました。桜の開花も目前です。

先週のあぐりん生産者リポート、菊池の長塩さんの記事の中に、『モグラの被害が…』とありましたが、うちのトマトハウスにも!


穴を開けていたのはなんとイタチ!! モグラを捕まえるためにどこそこ掘っていました。
根が切れて傷んでしまうので、
作物がこんな具合に萎れてしまいます。良い対策を考えないと…。

簿記の会のメンバー全員が、今年も無事、確定申告が終了したので、会の総会と、簿記ソフトの次年度更新を一斉に行いました。
より良い経営を目指して、さらに頑張ります!
夜はもちろん懇親会。
玉名地域振興局、JAたまなの簿記担当の方も交えての情報交換会でした。

23日には、あぐりんの生産者特派員研修会が熊本市内で開かれました。
次年度の方との引き継ぎも行われました。
私も、昨年のこの研修会から始まったのでした…次年度の方にも、いろいろな情報を発信してもらえればと思っています。
懇親会では、同じ特派員メンバーと良い交流ができました。皆さんとおいしいお酒が飲めました。このメンバーでまた集まれればいいなと思ってます。


イメージ 2012/03/21
先週、啓蟄を過ぎたころから、かん水を…とありました。
気温も上がり、天気も良くなったので、少しずつ水を流しはじめました。
今年の冬は気温が低く、暖房機の稼働時間が例年より多かったので、土がだいぶん乾燥していたようでした。水分を与えることにより、
肥料もまた少しずつ効いてきます。


玉太りもだいぶ良くなってきました。暖かくなってきた今の時期からが、玉名産トマトの旬です。見かけたら、この時期にぜひ食べてみてください!


イメージ 2012/03/14
東日本大震災から一年…メディアではいろいろ報道されていますが、まだまだ復興にはほど遠く感じられます。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された方が一日も早く元の生活に帰られることをお祈り申し上げます。

二十四節気のひとつ、『啓蟄』。ハウス内でも、冬眠から目覚めたカエルの姿を見かけるようになりました。
虫たちが動き出す…ということは、植物の根も活発に動き出します。
植物も喉が渇いてくるので、このころを目安に、灌水(かんすい)を始めます。

先日、無人ヘリ飛行技術の熊本県大会が開かれました。
うちの部会からは、新人の村上君が出場しました。


惜しくも入賞は逃しましたが、良い経験になったのではないでしょうか。
今年の夏の水稲防除も頑張ります!!

3月12日はくまモンの誕生日だとか…。友人から写真が届きました。
県庁で誕生セレモニーが行われたそうです。なんと県外からもたくさん来られていたみたいで!! くまモン大人気ですね。熊本県を盛り上げるために、引き続き、頑張ってほしいです。


先日、天水町でてんすい農業経営講座が行われました。多くの農家の方や青壮年部盟友が集まり、100人が参加しました。講演では、熊本伊織さんが講師に迎えられて、「“職”としての農業」と題して話され、皆さん真剣に話を聞いていました。


イメージ 2012/03/07
三月に入り気温も上昇! と思いきや、雨続き。
低温、日照不足により野菜の価格も上昇ですが、出荷量も少なく、消費者の皆様にはご迷惑をおかけしております。


天気が悪いので、なかなか熟れず、樹にかなりの負担がかかってきます。
負担がかかると、弱ってくるので…
カビが!! 
こうなると枯れるばかりです。
農業はいろんな技術はあっても、やはり天気にはかないません。昔の人が太陽を神様に見立てていた意味がわかりますね。

明かりをつけましょぼんぼりに お花を上げましょ桃の花・・・
桃の節句、うちの娘です。

おひなさまの次の日は、私の誕生日。しかし今年は子供たち(長男、次男)がインフルエンザで寝込んでしまいました。
おかげで39歳は、一人でお祝いするハメに!
インフルエンザ、かなり流行っているみたいです。暖かくなってはきましたが、体には十分注意しましょう。


イメージ 2012/02/29
2月…いよいよ確定申告が始まりました。農家他、個人事業者にとっては頭を痛める時期でもあります。
現在はパソコンという便利なものがあるので、


こういうソフトを使い、簿記、経営管理を行っています。
この時期は、部屋いっぱい書類で散らかっていますが…。

パソコン簿記を勉強するために、トマトの農家十数名で簿記の会というものを作り、8年目になりました。今では約40名。上は70代!から、30代までと、幅広い年齢層です。

月一回程度の学習会で、できる人が、できない人をサポートしていく形でやっていきます。分からないことはみんなで解決、


たまにJAや、振興局の方にサポートをお願いします。ちなみに私も8年目、記帳のサポートができる立場になりました。少しは皆の役に立ってるかな??

来週3月7日に、熊本県の無人ヘリ技術競技大会が開かれます。今年も岱明無人ヘリから、1チーム出場します。


大会に向けて、練習を行っています。今の段階では出場者は決めてないのですが、全国大会に出れるよう、精一杯頑張ります!!


イメージ 2012/02/22
皆さんこんにちは。2月といえばバレンタイン。なんとうちの長男も、近所のお姉ちゃんに頂いてきました。
なんと、くまモンチョコ!!…親ももらってないのに!
皆でおいしくいただきました。

2月も残すところあとわずか。日射しもだいぶん強くなってきました。




春ももう少しです。

ハウス内もだいぶん暖かくなってきました。地温の上昇にともない、根も動き出すので、追肥を行いました。
マルチを開けて、追肥を行います。
 
オール有機の肥料なので、根を傷めることもありません。
4~5日で分解し始めます。1週間もすると、少しずつですが、効いてきます。
先週、先々週の厳寒期対策での肥料は、いわばサプリメントみたいなもの。
暖かくなってくると、植物もおなかをすかします。食べ物(肥料)を与え、喉が渇いてくるので、水を与えないといけません。これからはどんどん欲しがってきます。長期間の作型なので、切らさないように注意です。

少し前なのですが、無人ヘリの研修を行いました。球磨にあるヤンマーヘリの整備、点検場です。


3月には熊本県の無人ヘリ飛行競技会が行われます。うちの部会からも出場予定なので、そろそろ練習を始めないと…。


イメージ 2012/02/15
まだまだ寒い日が続きますが…。
庭の梅の花もほころび始めました。
今年は例年より遅れているそうです。
『東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春ぞ忘るな』
春の訪れも間近です。

[厳寒期対策2]
先週に引き続き寒い時期の対策です。
根の動きが悪く、肥料の吸収が悪くなると、生長点の方まで養分が行きにくくなります。そのため…。
生長点に直接、葉面散布剤をかけてやります。


全体に散布してやるよりも、生長点、花蕾(からい)周辺に集中してかけてやる方が、効果があるようです。
何より省力化を考えてのことですが。
天気のいい日を選び、1週間~10日きに散布してやります。
寒い冬を乗り切るというのは大変なことです。


イメージ 2012/02/08
立春も過ぎ、春の足音も近づきつつあるのにこの寒さ…。


各地で雪も積もったみたいです。
こんなに分厚い氷が! 道路、水道管の凍結など、皆さんのところでは大丈夫だったでしょうか。
今年も重油代が…。

(厳寒期対策)
寒い日が続くと根の動きが悪くなり、いろんな障害が出てきます。


カルシウムやマグネシウムなど、微量要素の欠乏により、葉が黄色くなっています。
なので、このかん注器を使い、根に直接肥料、酸素を供給します。
10㎝ほど差し込み、注入します。もちろん1本の木に1カ所ずつです。
暖かくなってくれば樹勢も回復してくるのですが…。春が待ちどおしいです。


イメージ 2012/02/01
みなさんこんにちは。
いかがお過ごしですか? 今週も一段と寒くなるそうです。風邪もはやってきているので、皆さん気をつけて下さい。



先週は、トマト出荷協議会が開かれました。昨年の総会で、役員交代により無事責任を終えたので、ようやく肩の荷が下りた感じです。
部会では、170人が68.5haを栽培しています。協議会では生育や出荷の現況を確認した上で生産目標や今後の生産販売における重点項目などを協議しました。

先週の日曜日には、「第2回目の異業種交流会」を行いました。たくさんの参加ありがとうございます。
交流会では自己紹介を行った後、玉名市横島のハウスでイチゴ狩りです。


狩りとったイチゴを持って、近くの施設に移動。班に分かれて、そのイチゴを使ってケーキ作りです。皆さん協力しあいながら楽しそうに作っていました。

懇親会では一緒に食事をしながら会話を楽しんでいました。


イメージ 2012/01/25
『冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也』…大寒から立春(寒の内)、一年でもっとも寒い頃とされる季節です。皆さん風邪など大丈夫でしょうか。

寒いのは人間ばかりではなく、作物も例外ではありません。ハウスの中といえど、厳寒期には気温、地温も下がり、根の動きが悪くなります。そうなると、いろんなところに障害が…!
葉先が枯れてくると、そこからカビなどが侵入します。
天候が悪いとハウスの換気もよくできないので、あっという間に病気が蔓延します。

こうなる前に、農薬の予防散布が大切です。
病気が増えてくると、それを抑えるのに散布回数が増えてしまうので、初期防除を徹底して薬散の回数を減らすことを心がけています。

私も若い頃、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』、有吉佐和子『複合汚染』などで、農薬の脅威、怖さを知りました。
しかし現在は、薬剤の総使用回数、使用量などが高い基準で決められており、扱い方をキチンとすれば、なんら問題もありません。

まず農薬を扱っている私たちが安全であり、そして自分たちの子供に安心して食べさせるものを作る。そういう『自信』のあるものを、私たちは皆さんに提供しています。まあ現在は、どこの部会、出荷組合等でも、非常に厳しい基準の検査が行われているのですが…。


先週末に青壮年部活動でTPP参加反対運動を行いました。各支部がJAたまな管内でチラシを配布。私の支部では、JAスタンドで来られた方にTPP参加反対について説明をし、チラシを配布しました。




イメージ 2012/01/18
 小正月・・十五日に地域でどんどやが行われました。
『バン、バン、バシーッ!』青竹の燃える音は大迫力。日本古来のファイヤーストーム?
大人は準備に丸一日大忙し。燃えてしまうのは一時間足らず、あっという間!

餅を竹の先に付け、焼いて頂きました。無病息災を願いつつ…。


毎年、青壮年部が小学6年生を対象に行っている「わが町特産物PRポスターコンクール」の入選作品33点を新玉名駅の玄関口に展示しました。





この企画は青壮年部が、子どもたちに地元農畜産物をPRし、絵を描くことによって「いのち・食・農業の大切さ」を理解し、「ふるさとに対する誇り」を持ってもらうことを目的に行っています。
1月31日(火)までの展示となっています。ぜひ一度、子どもたちの思いが込められたポスターを見に来てみませんか。


バックナンバー >>> No,1No,2No3最新のページ


・・・・・ トップページ ・・・ ページのトップ ・・・・・

Copyright 2003-2010 Kumamoto Agrin net all rights reserved.  サイト内のすべての画像、及びテキストの転載はお断りいたします。